スキンケアの勉強BLOG
  • HOME >
  • ここ最近では、美容家電が世に浸透して自宅にいなが

ここ最近では、美容家電が世に浸透して自宅にいなが

ここ最近では、美容家電が世に浸透して自宅にいながらまるでエステを受けているかのようなスキンケアができるのがとても喜ばしいことです。



私、自身、エイジングケアをしてくれる家電に夢中で仕方がないです。年齢の若いうちからコツコツとエイジングに関するケアをしていると、数年後のお肌に違いが表れるかも知れないと思いますから、がんばっています。
お肌についてシミで悩まされている方は多いです。


シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。

肌の赤みは色素沈着へつながるので、ニキビ(成人していると、ニキビではなく吹き出物と表現することが多いでしょう)ができたことによる赤みも意外かも知れませんが、シミの原因になるんです。「ちょっとそこまでだから何もしなくていいかな」と思わず、きちんとUV対策をすること、肌のSOSに応えるスキンケアをすることでも、シミ対策に繋がります。外からのケアだけでなく、内側から食生活やサプリメントなどでビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。



肌からビタミンCを吸収しようとして、レモンを輪切りにして顔にのせ、レモン果汁とオイルでパックする方法が話題となりましたが、すぐ下火になったように、美白効果はありません。



もう誰も使っていません。
レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。
美白やシミ予防の効果をレモンに期待するのなら、有効なのは食べることです。常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌が乾燥することを防ぐために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、ゆっくり長湯を楽しんでいます。



しかし、真冬の時期はこれだけで済ませてしまうのは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水プラス保湿美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)も充分に塗って湯船に浸かっていますが、これをやるようになってから乾燥肌がとても改善されてきました。最も気にかけている部分はどこかと問われたら顔だという方が圧倒的に多数派を占めるでしょう。

顔をお手入れするには洗顔がベースです。


顔の汚れや過剰な皮脂を洗い流すことからお手入れがスタートするからです。
洗顔の時どう泡たてるかが鍵になります。必ず泡たてネットで根気よくモコモコになるよう泡たてて泡を使って洗顔します。


洗顔時に熱湯を使用すると落としてはいけない皮脂も落ちますし、洗えていない残り部分があると肌の潤いを奪い、ニキビ(成人していると、ニキビではなく吹き出物と表現することが多いでしょう)などの肌の悩みを作ってしまうので気をつけなければなりません。洗顔時、終了次第化粧水をたっぷりとそっと肌を包み込むように押し当て、忘れず乳液を塗り、潤いを逃がさないように閉じ込めてちょうだい。1番乾燥しやすい目や口の周りなどは、少々他よりたっぷりと塗るようにします。年齢を感じ指せない素肌というのはいつも潤っているもの。



もしもっとケアしたければ、ケアするタイミングに注意してみてちょうだい。蒸気ほわほわのバスルームから出立ときや、洗顔料で洗ったばかりのマシュマロみたいで、かなり潤っているのが分かるのですよね。でも、実は乾燥が急速に進んでいるのです。
潤った感触は、毛穴が開いて水を「どんどん飲み込む」ような状態ですが、同時に「どんどん乾燥する」理由です。毎日繰り返してダメージを蓄積していると、しわや乾燥の影響が遅かれ早かれ出てくることでしょう。

つまり、この時間を上手に使うことが美肌のカギなのです。
入浴後や洗顔後はタオルで軽く抑え、すぐにアルコールフリーの化粧水で本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。実際、乾燥肌の方はたくさんいらっしゃると思いますが、肌のお手入れ方法を変えるだけで見違えるように肌質が向上します。洗顔石鹸をよく泡たてて洗い、ぬるめのお湯で流すことでお肌を乾燥からガードすることができるでしょう。



逆に、乾燥肌に良くない洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを使用することです。
必要な皮脂まで落としてしまうので、このお手入れ方法は御勧めできません。



肌荒れを防ぐためには、洗顔を終えたら、直後に化粧水等で保湿をします。

何を肌につけるのかは、あなたの肌質によって異なってきますし、体調によっても違いますでしょう。毎回、化粧水や乳液、美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)を使うのではなく、肌の状態と相談しながら行ってちょうだい。



日常的に多くの保湿剤を用いると、肌が本来持っているはずの保湿機能が下がってしまいます。


女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大聴く変化するため、各種のトラブルが起こるようです。
シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。


女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えると急激に減ってしまって、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。



乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。
食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)などを使用して保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。

関連記事はコチラ

メニュー