• ホーム
  • アイピルを通販購入、病院処方との違いは?

アイピルを通販購入、病院処方との違いは?

2020年02月14日

アイピルはアフターピルの一種であり、避妊の失敗によるトラブルを回避するために使用することができます。
ジェネリック医薬品なので価格が安く、レボノルゲストレルを有効成分として配合しています。
レボノルゲストレルは合成黄体ホルモンの一種ですが、受精と着床を抑制する効果があります。

トラブルに備えるならアイピルなどのアフターピルは通販で購入するのがおすすめです。
通販は病院よりも値段が安くなりますし、手間がかからないというメリットもあります。
アイピルが欲しいけど病院などで忙しく、なかなか病院を受診できないという人もいるでしょう。
通販なら診察や処方箋は必要ありませんし、欲しい時にすぐ薬を注文することができます。

通販なら24時間いつでも注文することができますし、通勤時間や仕事の休憩時間を利用することができるでしょう。
好きな時に必要な分だけ購入できるのは大きなメリットと言えます。
アイピルは緊急避妊薬であり、いつ使用することになるのか事前には分かりません。
重要なのはもしもの時に備えることであり、不安な場合は購入しておくと良いでしょう。

病院でアイピルを処方してもらう場合、検査料や診察料などがかかってしまいます。
通販の場合はそのような費用はかかりませんし、薬代だけなので値段を安く抑えることができます。
ちなみに、取り扱っている商品は同じでもサイトによって値段が異なってくるということです。
できるだけ安く手に入れたいなら送料無料のサイトを選ぶようにしましょう。
また、サイトによってはまとめ買いをすることでさらに安くなることもあります。

アイピルは通販で購入すると値段が安くなりますが、手元に届くまで時間がかかってしまうというデメリットが挙げられます。
海外の医薬品を購入することになるため、到着するまでに数日かかってしまうことになるでしょう。
発送される国によっては比較的早く届くこともありますが、1日や2日では届かないということです。

アイピルの飲み方は72時間厳守!過ぎたら?

アフターピルの一種であるアイピルで避妊効果を得たいという場合、正しい使用方法や副作用についても知っておくことが大切です。
使用方法は性行為の後に飲むだけなので簡単です。
服用することで生理が起こり、妊娠を防ぐことができます。

早く服用すればするほど効果が高く、時間が経つごとに効果は低下してしまうと言われています。
高い避妊効果が期待できますが、女性ホルモンのバランスを急激に変化させるため、体への負担も大きいとされています。
そのため何度も服用するのではなく、あくまで緊急的に使用するようにしましょう。

アイピルは避妊の失敗から72時間以内に服用する必要があります。
さらに効果を高めたいなら24時間以内に服用することがポイントです。
24時間以内に服用した場合は95%以上の確率で避妊することができます。
72時間以内の服用では避妊率が58%となってしまうため、早く飲んだ方が良いと分かるでしょう。

以前の緊急避妊法では、最初の服用から12時間後にもう1錠飲む必要がありました。
2錠服用しないと効果が得られなかったということですが、アイピルなら1回1錠の服用で十分な効果が得られます。
飲み忘れの心配もなくなりますし、避妊効果を得やすいというメリットがあります。

アイピルは黄体ホルモンのみの薬であり、副作用のリスクは少ないとされています。
しかし、強力な黄体ホルモンを配合しており、体内のホルモンバランスを急激に変化させることになります。
そのため体質によっては副作用が出てしまうこともあります。

副作用として一番多いのは吐き気や嘔吐となっています。
薬の成分が吸収される前に吐いてしまった場合、効果が得られなくなってしまうので注意しましょう。
服用して3時間は吐き気に気を付ける必要があります。