• ホーム
  • コンドームを着用するメリットはこんなにある

コンドームを着用するメリットはこんなにある

2020年05月18日

コンドームは避妊や性病を予防する為に、性交渉の際に男性器に装着するゴム製のもっとも有名な避妊用具です。
男性が性交渉時に付ける事で、膣内に精子が侵入するのを防ぎ予期せぬ妊娠から守る事が出来ます。
コンドームを着用するメリットは、たくさんあります。
まず必要に応じて、いつでも気軽に購入する事が出来るという点です。
一昔前だと、自動販売機でも売られているのをよく見かけましたが、最近ではコンビニやドラッグストア等でも販売されているので、欲しくなったらすぐに購入する事が可能です。
コンドームは通販でも販売されており、種類もかなり豊富で、パッケージデザインもかなりオシャレなものが増えてきているので、購入する時のハードルは以前よりもかなり低くなっています。

また値段が安いというのも大きなメリットです。
コンドームは1ダース12個入りで売られている事がほとんどで、値段も1000円前後で購入出来るので経済的にも非常に助かります。
他にも、装着するだけなので非常に簡単という点も魅力の一つです。
基本的に性交渉時に男性が装着するだけなので、時間もかかりませんし、装着するのに特別な知識も要らないので誰でも装着出来、とても楽という点があります。

あと、これがもっとも大きなメリットですが、正しく使用する事でほぼ100パーセントという高い確率で避妊する事が可能だという点です。
もちろん避妊以外にも、コンドームは装着する事でパートナーとの粘膜が触れ合う面積がかなり減るので、その分性感染症も予防する事も出来ます。
薬のように毎日服用する必要もありませんし、手術のように合併症に悩まされる心配もないというのは非常に大きなメリットなので相手の体の事も思いやり、性交渉時はきちんと装着すると良いです。

このようにコンドームは入手場所もたくさんあるのですぐに手に入り、値段も安いので財布にも優しく、さらに装着方法も特別な知識もいらずに簡単な上、避妊だけでなく性病予防にもなるという沢山のメリットがあるので、面倒くさがらずに相手への思いやりも持ってきちんと装着する事が大事です。

低用量ピルの避妊効果は絶対?

ピルとはエストロゲンという卵胞ホルモンとプロゲステロンという黄体ホルモンという女性ホルモンが含まれた避妊薬です。
一般的に低用量ピルには排卵を止めたり、子宮内膜を薄くする事で仮に排卵や受精をしてしまっても受精卵が着床しにくい状態にしたり、子宮頸管粘液を精子が侵入しづらい状態にして妊娠が起こらないようにする効果があります。
その為世界中で多く服用されており、正しく使用すれば避妊効果はほぼ100パーセントで間違いありません。
しかも副作用も少ないので体にも優しく、女性主導で避妊出来る点がピルのメリットとして挙げられます。

また、ピルには子宮内膜を薄くする働きがあるので、避妊効果だけでなく、月経困難症や子宮内膜症といった婦人科系の病気のリスクも減らしてくれます。
コンドームによる避妊と比較しても、かなり高い確率で避妊効果があります。
コンドームは正しく使用すれば避妊出来ますが、使用方法によっては失敗してしまう確率も高いです。

ピルを服用していると妊娠しにくい体になってしまうのではと不安を感じている人も少なくありませんが、そんな心配は無用です。
ピルを服用している間は避妊効果がありますが、服用を止めれば体は元通りになり、遅くても3ヵ月程で排卵が起こるようになります。
さらに、ピルを服用すると太ってしまうのではないかという心配をしてる人もいますが誤解です。
現在広く普及している低用量ピルは服用を続けても太る事もありません。
ただピルはコンドームと違い、医者の処方せんが必要となります。
性感染症の予防は出来ませんので、性交渉時はコンドームも合わせて使用する事が大切です。

ピルの服用方法としては整理初日から飲み始め、1ヶ月のうち21日間服用して、次の1週間は服用しないというのが基本ですので、これをきちんと守らなければいけません。
飲み忘れたりすると妊娠する可能性が高くなるので注意が必要です。
このように低用量ピルには沢山のメリットがあり、正しく使用すればほぼ100パーセントという高い確率で避妊する事が出来ます。