• ホーム
  • トリキュラーはこんなとき処方される

トリキュラーはこんなとき処方される

2019年11月22日
カプセルと葉

トリキュラーは低用量ピルのひとつで、産婦人科を受診した時に避妊のために処方される薬です。
トリキュラーの避妊率はとても高く、ほぼ100%の確率で避妊が成功すると言われています。
避妊方法の中では、確実に避妊ができる方法だと言えます。
日本では避妊のために使われるものはコンドームが多くなっていますが、コンドームは破れたりする危険があり、避妊率が高くありません。
もちろんきちんと使えば、効果は十分にありますが、敗れる確率をゼロにすることはできないでしょう。

トリキュラーを服用したいと思った時には、ドラッグストアなどでは販売はされていません。
手に入れるためには必ず医師の診察を受けて、処方箋を書いてもらう必要があります。
これは日本国内では低用量ピルの取り扱いには、医師の処方箋が必要だという取り決めがあるからです。
低用量ピルを服用する人は健康な女性が多く病気のために服用するわけではありませんが、それでも体への影響が大きいと考えられているため、こういった決まりになっています。
診察内容は、受診する病院によって様々です。
多くの産婦人科では問診と血圧測定程度の診察ですむので、内心を受けることは少ないようです。

トリキュラーを服用するのに、医師の診察を受ける必要があるのは、中にはトリキュラーを使用できない女性がいるからです。
トリキュラーを使うことで、体調に異変を起こす可能性のある人や、副作用が強くでてしまう恐れがある人などです。
トリキュラーは女性ホルモンが含まれている薬なので、ホルモンが関係している病気をしている人は内服ができないことがあります。
また喫煙をしていると、血管が収縮しやすくなるので、副作用が出やすくなります。
重篤な副作用が起こると、命に関わることもあるので、注意をしておかないといけません。
その他には、トリキュラーの服用を始めた頃に、吐き気や頭痛などの軽い副作用が起こることがあることを覚えておきましょう。

通販と病院処方、トリキュラーの値段は?

トリキュラーは日本国内では、医師の処方箋が必要な薬ですが、一部の国ではドラッグストアで購入ができます。
そのため、海外製のトリキュラーであれば個人輸入をしている通販サイトから購入することができます。
これは違法ではなく、自分自身が服用する薬に関しては、個人輸入をして購入しても良いことになっています。

通販サイトを利用することのメリットは注文をする時間を気にする必要がないことです。
24時間いつでも好きな時間に自宅から注文ができ、時間の節約になります。
特に忙しい人では病院を受診する時間がとれないことがあるでしょう。
そして注文を済ませた後は自宅で待つだけで薬が届きます。
この時にわざわざ薬局まで行く必要がないので時間の節約になります。

費用面でも多少のメリットがあります。
病院での診察を受けた場合には、トリキュラーの代金だけでなく、診察代や処方代も余分にかかります。
通販サイトでの場合はこういった費用がかからないので、安い費用で購入できます。
1錠あたりの薬の価格を比べても、国内で処方されるものよりも安いことがほとんどです。
ピルを使うなら通販の方がお得なので費用を節約することができます。

デメリットとしては販売されている薬が本物かどうかを自分で見極めないといけないことです。
中には偽物を取り扱っている業者もいます。
そういったところで購入をしてしまわないように、正規品保証のある通販サイトを使用すると安心です。
トラブルがもしも起きてしまった時でも保証はつかないので自己責任になってしまうところがデメリットでしょう。
そのため、購入をする時には自分自身でしっかりと調べておく必要があります。
薬の効き目についても自己責任になるので、服用前にしっかりと知識をつけておきましょう。