• ホーム
  • ニーサで活躍する日本のスポーツメーカーと米国のビザ

ニーサで活躍する日本のスポーツメーカーと米国のビザ

ニーサ口座で保有したい銘柄としては、グローバルで活躍している企業が候補となってきます。
グローバルで活用している企業は、今後開拓できる市場がまだまだ広がっていることになり、長期で業績が拡大していくことが期待できるからです。
グローバルで活躍している企業としては、まず日本のスポーツメーカーが挙げられます。

日本のスポーツメーカーの中では、日本以外に中国や韓国などのアジアや米国やヨーロッパで販売を伸ばしているところがあります。
とくにスポーツシューズに強いメーカーでは高い技術力を培ってきたことから、世界のランニングファンから支持を集める状況が生まれています。
日本のスポーツメーカーは2020年の東京オリンピックを目標にして企業の売上げが伸びていくことが期待でき、ニーサ口座で保有する銘柄として適していると考えます。
また、2020年以降も日本のスポーツメーカーはオリンピックでの知名度の高まりから、さらに業績を拡大していく流れが出てくることも考えられます。
次にグローバルで活躍する企業として、アメリカのビザが挙げられます。
米国のビザは世界でクレジットカードなどの信販業務を展開する大企業です。
ビザは世界中でブランド価値が高まっているために、今後はグローバルで利用者が増えていく可能性が高くなっています。
そのため、ニーサ口座で長期保有する銘柄としてビザは最適と言えます。
ビザでは自社のクレジットカードの利用者に対して、空港ラウンジの無料化や提携ホテルなどの割引といった様々なサービスを行っています。
これらのサービスが今後も差別化となり、世界中でビザのクレジットカードなどを使いたいと感じる人が増えていくことが予想されています。